本文へスキップ

 埼玉大学大学院理工学研究科生命科学部門 理学部生体制御学科

                                    

業績publications

研究題目

2016年度


修士論文

・概日リズム分子制御機構におけるエピジェネティクス制御に関する研究
・スンクスを用いた上部消化管を起源とする消化管運動調節機構の検討
・グレリン分泌におけるウロコルチン1及び2による中枢制御機構の研究
・時計遺伝子Dbpによる細胞周期制御に関する研究
・食虫目スンクス用胃容量測定系の確率およびGLP-1アゴニストの胃弛緩効果の検討
・スンクスにおける中枢性消化管運動調節作用の検討
・Rgs16による細胞周期時刻制御に関する研究

卒業研究

・細胞周期G1/S期レポーターの開発とその制御に関する研究
・時計遺伝子によるhRGS16の発現制御機構の解明
・スンクスにおける小腸オルガノイド作製
・CLARITYによる消化管組織透明化及びグレリン産生細胞の三次元的観察
・スンクス消化管におけるCCKの作用とCCKA受容体遺伝子の同定
・bZip型転写因子によるD-boxを介したKiss1発現制御に関する研究
・モチリン発現を調節する転写因子の探索
・グレリンの投与によるモルモット胃収縮への効果の検討

2015年度

博士論文

・The regulatory mechanism of motilin-induced gastric acid and pepsinogen secretion in Suncus murinus
(スンクスにおけるモチリン誘導性胃酸及びペプシノーゲン分泌調節機構
)

修士論文

・グレリンを修飾する中鎖脂肪酸の由来についての研究
・スンクスモチリンモノクロナール抗体の作製とスンクスモチリン測定法の検討
・スンクス胃における食後期収縮制御機構の検討
・AGS細胞における細胞周期制御機構の解明
・前腹側室周囲核における末梢時計制御機構の解明
・前腹側室周囲核におけるエストロゲン-時計遺伝子の機能連関に関する研究
・Common marmoset(Callithrix jacchus)におけるghrelinの同定と消化管でのghrelin産生細胞の局在

卒業研究

・食虫目スンクスへのグレリン長期慢性投与の検討
・十二指腸アルカリ化によるphaseⅢ収縮制御機構の検討
・ラット下垂体隆起部から産生される因子の作用経路の検討
・スンクス下垂体前葉におけるホルモン産生細胞の分布の検討
・概日リズム調節における14-3-3βタンパク質の機能についての検討
・時計遺伝子DbpによるKiss1発現制御に関する研究
・グレリン発現・産生を調節する因子の探索
Rgs16によるPI3K/Akt経路を介した細胞周期制御の検討



2014年度

博士論文

・The Inhibitory regulation of ghrelin secretion by G-protein coupled receptor 120(GPR120)
(GPR120 によるグレリン分泌抑制調節機構の検討


修士論文

・グレリン分泌を制御する交感神経の起始核に関する研究
・マウス前腹側室周囲核(AVPV)におけるKiss1発現制御機構の解析
・スンクスを用いたモチリンとグレリンによる摂食亢進作用の研究
・スンクスにおけるモチリン受容体(GPR38)分布に関する研究


卒業研究

・グレリン分泌におけるウロコルチン1の作用の検討
・DEX投与による消化管運動調節関連遺伝子発現調節の検討
Rgs16を介した細胞周期時刻制御機構の検討
・遺伝子改変技術を用いたRgs16遺伝子発現制御機構の検討法の確立
・スンクス用バロスタットの開発と胃容量測定系の確立
・スンクス消化管ホルモン遺伝子の組織分布の検討
・マウス前腹側室周囲核(AVPV)におけるKiss1発現制御因子に関する形態学的解析
・モチリン脳室内投与による消化管収縮運動への効果
・培養細胞とマウスにおける時間治療の効果検討法の確立